悩み一覧

喧嘩が多い彼との将来がとても不安です!彼の気持ちが知りたい…

喧嘩するほど仲がいい!と言う言葉があるものの、普段からあまりにも喧嘩が多いと「将来結婚したらどうなるんだろう?」と不安になってしまうものですよね。今の彼を結婚相手とは考えないほうがいいのでしょうか?
恋愛ナビゲーター 愛凛

喧嘩が多いということは、それだけお互い自分の意思を相手にきちんとぶつけられているということでもありますよね。遠慮してばかりで何も言い合えない関係より、ずっと良いカップルかも知れませんね。

喧嘩になる原因は、ひとことで言えば「互いの意見の相違」です。
生きてきた背景が違うから、意見の相違はあって当然ですよね。だから喧嘩が多いカップルでも「折り合いをつけるポイント」を見つけられるなら、結婚しても安泰に暮らせるでしょう。

じゃあどうやって折り合いをつけるのか?それは「相手の意見を認める」ということ。
どちらが正しいとかじゃなく、「あなたはそう思うのね」とただ認めてあげることです。

カップルの喧嘩の際、女性に多いのが「正しさを主張してしまう」というケース。「正論を振りかざす」なんて言葉がありますが、正しさを武器に戦ってもね、決して相手との折り合いはつけられません。なぜかというと、「自分が正しいんだ」と思っているうちは、相手のことをみくびっているから。
ついでに言うと、「正しくなく生きよう」と思ってる人なんて一人もいません。誰でも自分の中の正義を貫いて生きているんです。一見「ありえない!」と思う行動をとる人がいたとしても、その人はその人なりの「正しさ」の中で生きているんです。だから、正しさを主張して喧嘩しても、「勝ち負け」が生じるだけで、相手との和解は望めません。

喧嘩が多くても「彼と結婚したい」と思えるほど愛しているなら、「正しさで戦うこと」そして「相手を言い負かそうとすること」を辞めようと心がけてみて。
決して相手の言いなりになるってことじゃありませんよ。「私はこう思う!」の主張は大事。
ただ「私の意見も大事だけど、彼の意見も大事」という姿勢を持てば、きっと結婚しても互いを尊重できる良いカップルでいられますよ。

引き寄せマスター”おはる”

彼がいつも喧嘩を仕掛けてきて、いつもあなたが責められている場合は、いくら努力しても無駄です。

自分の思い通りにならなくて、不満をぶつける人はあなたが努力したところで何にもなりません。

恐れや不安感を持って一緒にいても、いずれ疲れ果ててしまうことになります。

相手の性格を変えることは大変難しい事です。

あなたが彼とどれほど喧嘩しても、一緒にいたい気持ちが大きいのなら無理やり別れる必要はありません。

でも一緒にいる時に安らぎがない場合、長くは続かないでしょう。

お互いの事を好きなのに、喧嘩を繰り返してしまう。

何故なのでしょう。

他人の失礼な言動や態度を許せるのに、彼の事は許せない。

それは何故なのか…他人の人生は自分には関係ないので、気にならないからです。

あなたが「彼は私を理解してくれている筈だ」と思い、自分にとって好ましい言動や行動をして欲しいと思っているからです。

でも、それは自分勝手な思い込みです。

自分の欠点を知っていて改善したいと思っていても、なかなか変われないのが人間です。

相手が変わってくれるのを待つのは、いつになるか分かりません。

それならあなたが変わる方がずっと楽です。

あなたは彼の言動や行動を気にしない事。

彼があなたにとって好ましくない行動をしたとして、あなたの機嫌が悪くなるのは、あなたにも責任があるのです。

誰かがあなたの気分を害しても、平和で幸せでいる。

そうでなければ永遠に幸せは訪れないのです。

大好きな彼と一緒に幸せな将来を見たいのなら「彼を受け入れる」そう決意してください。

恋愛アドバイザー ゆりあ

「喧嘩するほど仲がいい」とは確かによく聞きますね。喧嘩をしているのに、仲がいいなんて矛盾しています。まず、この言葉がどういう意味か考えてみましょう!

これは「喧嘩ができるほど、遠慮のない関係……だから、仲がいい」という意味になります。最近、「好き」の反対は「無関心」とも言われています。相手に関心があり、どうしても無視できないから「嫌い」という感情が生まれたり、相手と衝突をしてしまい喧嘩になるのです。遠慮した関係や、相手に無関心では喧嘩になりません。ですから、相手と本音で関われる関係は仲がいいとも言えるのですね。
ということは、喧嘩をよくする彼とは、本音で話せていて仲がいいと言えます。

そうは言っても結婚して毎日喧嘩している家庭は疲れてしまいますね。彼もできれば喧嘩をしたくないと思っているでしょう。でも、何度も喧嘩をしているということは、そのたびに仲直りをしているということです。あなたと彼は意見がぶつかるけれども、最後は仲直りができているのではないでしょうか。

喧嘩をすることよりも、その仲直りの状況が大切だと思います。どちらか片方がいつも不満を持ちながら、我慢していませんか?いくら本音で喧嘩をしても、最後にいつも我慢していると不満がたまり、いつか大爆発してしまいます。お互いにとって、ちょうど良い妥協点を探してそこに落ち着くよう、よく話し合って仲直りをするようにしてみましょう。

喧嘩をした時は、「2人の意見の相違点はどこか」「お互いの意見のメリットとデメリット」をわかりやすくして整理します。彼の意見にもどこか良いところがあるかもしれませんから、それを認めてください。2人の意見を合わせれば、きっとどこかに良い落としどころがあるはずです。
どんな相手でも100%いつも意見が同じということはありえません。違った時に、なるべく感情的にならずに話しあうことで、喧嘩にもなりにくいですし、一番いい案が出てきます。

彼と本音で話せる、そして仲直りができる関係に自信をもってください。より落ち着いて話し合う関係を築けるようにすれば、結婚しても信頼しあった素敵な夫婦になれますよ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    PAGE TOP