悩み一覧

【焦り】30歳になる前に結婚したい…結婚する気あるの?彼の気持ちが知りたい…

25歳を過ぎ、アラサー世代になってくると結婚について非常に焦り始めてくるものですよね。できれば30歳までに結婚したいと思う一方…彼はプロポーズをする気配が一向にあらず↓↓彼自身あなたとの結婚についてどのように考えているのでしょうか?
恋愛ナビゲーター 愛凛

女にとって「30前で結婚する」のか「30後で結婚する」のかは大きな違いですよね。
独身女性が30前に焦りを感じてしまうのは、ごく普通の感覚です。

でも、結婚に焦りを感じる年齢って時代によって変化してるんですよね。

例えばひと昔前までは「女はクリスマスケーキ」なんて言われていました。
24までは飛ぶように売れるけど、25を過ぎると見向きもされなくなる、なんて。
だから当時の女性たちは23~24歳くらいで、今のあなたと同じような焦りを感じていたでしょう。
現代はそれが5年くらい遅くなったんですね。

そのことからわかるのは、「30前に結婚しなきゃ!」というあなたの焦りは、あなたの本意ではないかも知れないということ。
ただそう思わせている時代背景がある、ってだけなのかも。
もちろん結婚を焦る気持ちはあっても良いのですが、あまりにも取り憑かれているようなら、一度自分に「なんで私こんなに30前にこだわってるんだっけ?」と自問してみても良いかも知れませんね。

一方男性で、「30前に結婚しなきゃ!」と焦る人はほとんどいないでしょう。
彼もそうだとすると、あなたが結婚を焦る気持ちにさえ、彼は気づいていないかも。
女が「当然わかってるよね?」と思うことを、意外と男性はわかっていないものです。

もちろん将来子どもを持ちたいと思うなら出産は早い方が良いだろうし、親のことや先々のことを考えたら、「◯◯歳までには結婚したい」という自分なりのプランもあるでしょう。

もしくは「ただみんなが結婚してるから私もしたい!」でも良いんです。
その正直な気持ちを、彼に伝えてみましょう。

「まだ結婚なんて先の話だ」と悠長にかまえていた彼も、あなたの焦りを知れば「そっか、ごめんごめん」と動き出してくれるかも。

もしもあなたが「女から結婚の話をすると重いと思われそう…」と思っているなら、そう思ってる方がずっと重いです。
「あたし焦ってんだってば!」って素直に言っちゃう女の方がずっと可愛らしいですよ。

北のお悩み解決人“かなえ”

一部を除き、基本的に男性は女性に比べて結婚に「のんびりしすぎている」と思います。

確かに、男性は女性ほど出産のリミットなどに神経質にならなくても良いでしょうし、また、結婚することで生じる「責任」からはできるだけ長く逃げて、楽しい部分だけを見ていたい…というのが本音なのかもしれませんね。

私個人の感覚で言えば、男性と女性では「そろそろ結婚したいかも」と思い始める年齢が10歳はズレているのではないか?と感じています。

例えば、女性が23歳頃に結婚を意識し始めたとして、同い年の彼氏も結婚を考えているかというと…。それは微妙ですよね。

ですが、33歳の彼氏であればそろそろ結婚を具体的に考えている可能性もあるのではないかと思います。

さて、それはさておき、ここからは本題に入りますね。

あなたは30歳までに結婚したいのに、彼氏からプロポーズの気配がないことで焦っているということは、あなたが30歳になる日はそう遠くないということでしょうか?

「25歳を過ぎた」といっても、25歳であればまだ30歳までに5年もありますが、29歳であればあと1年あるかどうかですよね。

もしまだ目標の30歳までに5年あるのであれば、私の場合、せめてあと1年くらいは静かに様子を見てみようと考えると思います。

ですが、もし今のあなたがすでに29歳であれば、ここはそろそろ、勇気を出して彼に「結婚についてどう考えているか」聞いてみたほうが良いかもしれません。

実際、私のまわりにもあなたと同じように30歳間近なのに彼氏からのプロポーズがないことに悩んでいた友人が数人いましたが、最終的には自分から彼氏に「今後どうするか」ということを聞いていましたよ。

その結果、トントン拍子で結婚へ進んだカップルもいれば、彼氏に結婚の意思がないことが分かって破局に至ったカップルもいました。

結婚の話題はとてもデリケートなことなので、女性側から持ち出すのはとても勇気がいることは私にもよく分かります。

しかし、もし悪い結果が待っていたとしても、そうであれば早く分かった方が良いと思いませんか?

ここはひとつ、勇気を出して自分の意思を彼に伝えてみるべきだと思います。

一つ言えることは、「はっきりしない男性は永遠にはっきりしない可能性が高い」ということです。受身で待っていても、ただ時間が過ぎてしまうだけですよ。

引き寄せマスター”おはる”

あなたは30歳になる前に結婚したいのですね。

結婚のことを考えると良い気分になりますか?

あなたが結婚を望んでいることを考えている時、「今の状態でもすごく幸せ、彼と結婚出来たらもっと素敵」だと。

あなたがそう考えている時、期待感でワクワクしてあなた自身と調和している状態です。

もう一つは結婚のことを考えると悪い気分の時、彼が結婚してくれる見込みがないと感じている状態で、知らないうちに、望むことが叶わないようにと宇宙にお願いしている状態です。

あなたはしばしば自分で望んでいることを考えているつもりが、実際にはその正反対のことを考えているものです。

自分が望んでいることとは別のことを経験しているとすれば、それは望んでいる事の反対の事に注意の大半を向けているのです。

自分が望むものに焦点を当てているつもりがその「欠落」に焦点を当てている場合があります。

あなたの思考は、あなたのかかわりのある物や人の行動を変えることが出来ます。

あなたの思考が行動の作用点として働くからなのです。

落ち込んでいたあなたが何かのきっかけで希望を見出し、晴れやかな気持ちになった途端、状況や環境があなたの感情と一致するものに変わり始める。

思考は磁石を持っています。

あなたがある考えを抱くとそれが別の思考を、そしてそれが別の思考を。

という具合に次々に思考を引き寄せていき、最終的にあなたの思考の対象となってきたものの本質が、物質的な対象となって現れます。

あなたが自分の感情について理解すれば、彼との幸せな結婚を実現することが出来るのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    PAGE TOP